読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のプラスな毎日

悲しい言葉で溢れてる現代社会。だからこそプラスな言葉。プラスな体験。そういったものが必要だと思うんです。どうかこのブログで「希望」を見つけてほしいです。そんなささやかなブログです。

雪が水に変わる。そんなブログです。

みなさんこんにちは!
このブログをこれから更新していくことになる雪水です!

 

今回は初回なのでこのブログを書くにあたっての私のモチベーション(思い)を書こうと思います。


タイトルにもありますが、
私たちが暮らすこの世界
とても素敵な世界だと思いませんか?

 

私は今22歳です
まだまだ未熟な歳ではありますが

これまで行く先々
繰り返される毎日の中で
心に響く素晴らしいモノ・コト
を見つけてきました

 

 

例えば、、、

 


宮城県の松島

皆さんご存知ですよね

そう、宮島と天橋立(あまのはしだて)とともに

日本三景に数えられる絶景スポットです

その松島に先日、私行ってきました


で、その中でも特に心に残ったスポットがあります
それが


雄島


雄島は松島の中でも
「比較的人気」
という称号がピッタリなところです

 

どんなところかと簡単にまとめると
伊達政宗とゆかりの深い瑞巌寺霊場
芭蕉奥の細道の旅で訪れる。
③ 高尚な頼賢(らいけん)の碑がある。

 

まあそれぞれの項目ひとつでけっこう語れちゃうような
素晴らしいところなのですが、そこは割愛します(笑)

 

なぜか

 

皆さんに伝えたい
私が一番良いと思ったところは
そこではないからです

 

私がもっとも感動したのは

 

「静かさ」と「力強さ」です

 

とりあえず、こんな場所ですね

 

f:id:hirari-uv-taku:20170326220512j:image

 

おそらく写真では伝わらないですね…笑

 

ということで
私がそこで感じたことを少し詩的に表現します

 

―――――――――――――――――――――

・雄大さと私

 

雄島に立つ
静寂の時間


松・海・空・風
大きな大きな存在

そして「私」が在る

 

「私」が今対峙しているのは
大自然であり

地球であり

そしてそれすら超越した宇宙

 

「私」の大きさ
「私」の小ささ

 

全てが注がれる
                  
                                               雪水
―――――――――――――――――――――

 

まあなにかというと

「この大きな世界」と「たった一人の私」
その2つが直接向き合える場所だったんです

私はここで「世界」という

大きな存在のエネルギーを
一身に注がれたような

 

少し抽象的ですが
この地で景色を眺めていたら

 

私は悩んでいたことがパっとまとまり
悩んでいたことの小ささに気づき
私にはできる
そういう根拠はないけど

ポジティブな自信がみなぎりました


私これでも色々なところへ旅していますが、
一番心に残っています
一番のパワースポットです

絶対また行きます

 

 

そして

こんな体験を私はいつもしています

日常の小さいところから

人生に一度の体験まで

 

おそらく皆さんもしているんだと思います

 

でも

 

最近のニュースとかを見ていると

気づいていない人

気づきにくい人もいるんだな

 

と、そう感じています

 

 

つまり何が言いたいか

 

この世界は素敵なんです!
とらえ方次第なんじゃないですか!
そう思いませんか!

 

たった一度の人生

どうせなら素敵だと信じて生きていたい
皆さんにもそう信じて生きてもらいたい

 

 

そう願い、このブログを思い立ちました

 

 

皆さんが
世界に絶望したとき
人生に絶望したとき
人から心無い言葉をもらったとき
失恋したとき
不幸が訪れたとき
ネガティブなとき
ポジティブになりたいとき

 

どうかこのブログにお立ち寄りください

 

この世界の素敵なところ
沢山詰め込んでおきます!

 

 

現在
書きたいテーマもいくつか考えています
まあ、ほとんどが私の主観ですけど(笑)

 

なので、偏りがあるかもしれません

 

しかし、悲しい言葉が溢れるこの世界

そんな世界の中で
このブログだけは
プラスで素敵な言葉が溢れている

そんな希望がある場所を
私が1つ作りたい

 

それが私の思いです

―――――――――――――――――――――
・雪水

 

冬から春にかわる

そんなとき
雪が水に変わるように
ゆっくりと
ときに力強く
あなたの心を温めていきたい

                                         雪水
―――――――――――――――――――――

 

詩で自分を表現するのがたまに好きな

そんな私です

 

どうかよろしければ
これからお付き合いください

 

ではまた素晴らしい毎日で